マスタークラス 2017年AW

こんにちは。ビクラムヨガ日和 櫻子です。
ビクラムヨガしてますか。

2017年の11/23(祝)〜11/27(月)にビクラムヨガ南越谷とビクラムヨガ銀座でマスタークラスが開催されます。
指導するのは創始者ビクラム・チョードリー先生とシニアティーチャー ジム・カレット先生。
午前中がジム先生、夕方がビクラム先生の豪華な5日間です。

ビクラム先生は言わずと知れた(結構知らない人が多くてウケるのですが^^)ビクラムヨガの生みの親です。
一方、ジム先生ですがサンディエゴにあるビクラムヨガスタジオのオーナーであると同時に、ティーチャートレーニングで必ず先生の卵たちを指導する、先生の先生、有名なシニアティーチャーです。
日本で教えるのは初。次はあるのかなぁ。。
腹筋と背骨の話をものすごくしてくれて、聴いた瞬間にポーズが変わるくらいの話をしてくれます。
ビクラムティーチャー絶賛のジム先生、おすすめです。

で、マスタークラスとはなんぞやなんですが。
いつもと同じ2つの呼吸と26のポーズを行うのですが、指導方法がちょっと異なるクラスです。
いつも、私たちビクラムティーチャーはダイアログを元にクラスを90分で行います。

ダイアログって何だ

マスタークラスは、ダイアログだけではなく、アジャストがあったり、生徒さんにポーズをとってもらったりがあったりして、より”学ぶ”という時間が多いクラスになります。
なので、最低2時間、ビクラム先生がのったりすると3時間越えだったりすることも!あります。

いつものクラスでもたまに先生がクラスを止めてポーズを見せたり、説明したりすることがありますが、多くて2つくらいまでです。
集中を途切らせたくないと全く説明を入れないでダイアログだけで90分進める先生も多くいます。
生徒さんの身体を触ることは基本的には禁じられているので、いつもはアジャストもしませんね。

これが、ポーズを見せて、アジャストして、説明しまくりになるのがマスタークラス。
ビクラムヨガをある程度してから参加すると、そうなの!?という発見があったり、目からウロコが落ちたりします。
英語なんですが、だからこそ、ビクラムヨガの驚異的な引っ張りを感じることができたりもします。

ぜひ、参加してみてほしいなと思います。
ちなみに、今回は資格更新の先生たちが一番前でクラスを受けますよ。
デモありの目で見るヨガでもあるマスタークラス、ビクラムヨガを頑張ってる生徒さんには楽しい時間になることは請け合いなので、ぜひスケジュール調整してみてくださいね。

詳しくは、ビクラムヨガジャパンのhp、スタジオのポスターをご覧ください。
すてきな時間になりますように。
またスタジオでお会いしましょう。
ビクラムヨガ日和、櫻子でした。

http://www.bikramyoga-japan.com/

ビクラムヨガ マスタークラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です