ビクラムヨガポーズ オークワードポーズ

こんにちは。ビクラムヨガ日和 櫻子です。
ビクラムヨガしてますか。

ひさびさにビクラムヨガのポーズの話をしてみようかと思います。

ビクラムヨガ ポーズ

オークワードポーズ、中腰のポーズです。
Awkward Poseと書きます。
この、Awkwardですが、ディズニー映画「アナと雪の女王」でアナがハンスと出会ってボートに落ちて、起きるのに手を貸してもらっている時に言ってます。
「不恰好ね」
不恰好なポーズというのが、ポーズ名の直訳です(^m^)

それはさておき、一気に身体を温める大事なポーズです。
とても美しい脚を作るポーズとビクラム先生が言っています。
不恰好なポーズで格好いい脚が出来上がるなんて、なかなかいいですね。

オークワードポーズは3つのパートがあります。

1stパートは、後ろの椅子に腰掛けるように座ります。
2ndパートはかかとを限界まで上げたまま、背骨まっすぐで座ります。
3rdパートはかかとを少し床から離して、膝を寄せ合って、深く座ります。

オークワードポーズの流れ

右足を右に15cm開く(つま先とかかとの間隔は15cm、最後まで変えない)
腕を前に伸ばす、5本指を揃えて前に伸ばす(鏡に触れようとし続ける)
息を吐いて、お腹を引っ込めて
後ろの(空気)椅子に座る
胸を上げる(コブラのように背骨を反らす)
深い呼吸をしながら、膝を伸ばす

かかとを最大限持ち上げる
上半身を上に引き上げたまま、座る(頭とお尻が後ろの壁に寄りかかったようにまっすぐの背骨)
かかとを引き上げ、膝を引き上げ、お尻が下がらないように注意しながらしっかり座る
膝を伸ばし、かかとを降ろす

かかとを少し持ち上げて膝同士を寄せ合う
後ろの壁に寄りかかったようなまっすぐの背骨のまま、ゆっくり深く座る
膝同士を揃えて前に押し、ももと床を平行にする、腕はももと平行に、背骨は床と垂直に
深い呼吸をしてゆっくりと立ち上がる
基本姿勢に戻る

オークワードポーズの効果

素晴らしく美しい脚をつくるとビクラム先生が言っています。
あとはやっぱり、大きな筋肉を使うので一気にからだが温まりますよね。

以下、ビクラムヨガのHPより

素晴らしい脚と腕を作る
体を温め活性化する
股関節を柔かくする
関節と筋肉の痛みを和らげる
膝と足首への循環をよくする
リュウマチと通風に効果的

オークワードポーズのポイント

足は平行に

何をおいても足元のセットです。
つま先とかかとの内側が完全な平行になっているようにを、とにかく「最初から最後まで厳守」これでももの筋肉が変わります。
あとは、膝頭を正面に向けておきたいです。
使いやすいところに頼っていると、足のラインは危険な状態です。

お腹は奥

脚の大きな筋肉を温めるポーズですが、脚だけでやると腰を痛めるかもしれないし、ツライです。
お腹を奥に押し込んで、お腹で支える練習を重ねてください。

肩で頑張らない

気合いで頑張っていると肩が耳に近付いて、呼吸が通りにくくなります。力むとお腹の力が緩むし、肩で頑張るのはお勧めしません。お腹で頑張りましょう。

オークワードポーズについて少し深まりましたか。
スタジオでお待ちしています。
ビクラムヨガ日和 櫻子でした。

The following two tabs change content below.
櫻子

櫻子

ビクラムヨガ日和管理者 櫻子です。 ビクラムヨガのティーチャーを10年しています。 ビクラムヨガについて知ってもらいたいことがたくさん! クラスを担当させていただきつつ、子育てしつつ、頑張って情報共有しています☆

ビクラムヨガポーズ オークワードポーズ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です