調子が悪いのは水不足 ビクラムヨガでは脱水症状に注意

ビクラムヨガでは水を1L以上スタジオに持って入るよう言われますね。
なぜなら、体内の水分が足りなくなると体の調子が悪くなるからです。

こんにちは、ビクラムヨガ日和、櫻子です。
ビクラムヨガしてますか。

ビクラムヨガで頭痛

頭痛、ビクラムヨガを始めたばかりの人に特に多い相談です。

疑うべきは脱水症状。

脱水症状というと大げさに感じるかもしれませんが、誰でも十分普通にあり得ることです。特に、ビクラムヨガのスタジオは40度以上と暑くなっていますので、どんなに慣れていてもいつでも注意が必要です。

脱水症状になると、どんなことが起こるのでしょう。

軽度の場合、口が渇いたような感じがあって(感じない人もいるから注意)、めまいがしたりフラフラしたりします。中度の場合は、頭痛がしたり、気持ち悪くなったり、だるくなったり、手足が痺れたり。重度の時は痙攣がおこり、気を失うこともあります。

怖いです。

ちなみに、頭痛と脱水症状のメカニズムは、

血液中の水分が減る(脱水)

血液で全身に送っている酸素量が減る

脳が酸欠になる

身体が危険を感じて脳への血液量を増やそうと脳血管を拡張する

拡張した脳血管が周りの神経を圧迫して痛みを感じる

だそうです。

 

水が足りないとダメなわけ

成人の体重の60%は水分です。(新生児は80%!)
水分が、酸素や必要なエネルギーを身体中に巡らせてくれています。
そのほか、汗となって体温調整をしてくれたり、腎臓機能を助けて老廃物を体から出す助けをしてくれたり、お肌をプルプルにしてくれたり。

体内の2%の水分が失われると体の機能が正常に働かなくなる、10%失うと命の危険がある、というデータがありますので、きちんと身体の声を聴いて、しっかり水分補給していきましょう。
特に、クラス前、クラス中、クラス後(あれ?全部!?)の水分補給が大事です。

どのくらいか?というのはその人がどれだけ汗をかくのかにもよるので難しいのですが、少なくとも1Lはスタジオに持ってきて飲み干して欲しい。

ちなみに、1日の水分量は

体重×33 という計算式があるそうです。

こちらは、普通に生活している場合なので、ビクラムヨガ前、後で体重が2kg減るという人は、あと2Lくらい飲みたいですね。

あと、汗と一緒にミネラルが失われます。最近は塩分塩分と言われているので知っている方も多いすが、身体を問題なく動かすにはナトリウムが必要なのです。汗はしょっぱい、つまり、水分と一緒にナトリウム=塩が出て行ってるのですね。たくさんの汗をかいた時は塩分も補給してあげてください。

さらに、ブドウ糖。水分をスムーズに取り込むには、糖分、厳密に言えばブドウ糖が欠かせません。

 

ビクラムヨガを快適に受けるには

簡単にいうと、ビクラムヨガには純粋な水とイオン系ドリンクの両方を持ってくるのがオススメです。
イオン系ドリンクにはミネラルと糖分が吸収しやすい形で溶けていますので補給してあげましょう。毎回、頭痛がガンガン、すごくキツイ!という方は、さらに信用できる経口補水液がいいです。

ただし、イオン系ドリンク1リットルだけというのはオススメしないです。
普通に飲んでおいしい=甘過ぎ、しょっぱ過ぎ、なので。
経口補水液って、いまいち美味しくないんですよね。。でもそれが一番身体に効果的ってことは、美味いイオン系ドリンクは含まれているものが多過ぎてるってことだと櫻子は思っています。

クラス後に不調を感じたら

クラス中は大丈夫でも、場合によってはクラス後に頭痛を感じたりすることがあります。

これも、身体の中の水分が足りていない状態の可能性が高いので、すぐに経口補水液で適切な水分とミネラルを補給してあげてください。

慌てて一気に飲むよりは、ゆっくり丁寧に飲んであげた方が吸収がいいです。
しかも常温がいいですよ。

 

身体が快適に動くには、水分補給が欠かせないことがわかりましたか。ビクラムヨガのクラス中、クラス後、なんか調子が悪いと思う時はぜひ適切な水分補給を実行してみてくださいね。まずは、スタジオに足を運ぶ前にコップ一杯余計にお水を飲んでおくといいですよ。

また、スタジオお会いしましょう。ビクラムヨガを日和 櫻子でした。

調子が悪いのは水不足 ビクラムヨガでは脱水症状に注意” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です